スポンサーリンク

Radeon RX 570ってやっぱコスパいいの?

PC

現在メイン機で頑張ってくれているグラフィックボードRADEON-RX570(4GBモデル)ですが、2,3週間使ってみた分かった良かったところ、悪かったところを書いていこうと思います!

AMDってコスパいいって聞くけど、どうなのか?

私は、CPUもAMDを使っているのですがコスパがいいんですよね、予算重視で中古のCPU・GPUを買ったのですがどちらともAMDになりました。本当にコスパがいいんです、コスパが…

私の場合は、一応の保証が欲しかったのでドスパラ(中古)で購入しましたが、PowerColor AXRX 570 4GBD5-3DHD/OC9,790 円(+税)+送料で1万円弱で買えました、完品で。後からグラボの比較をしていこうと思いますが、1050ti以上の性能があるとかなんとか。その1050tiが同じドスパラ中古で1万切ってなかったのでその時点でコスパがいいという結果になります…流石コスパ重視のAMDといった感じですね。

本当にコスパを重視するなら、保証なしで何日もメルカリだとか漁っていると多分1万切れたりするのかなあと思いました。

RX570とGTX 1050 Ti簡単に表で比較してみた。

ということで、簡単な表を作ってみました。
今回は、現メイン機で使用しているPowerColorのRx570とPalit GTX 1050 Ti StormXというもので比較していこうと思います。

ということで、簡単にまとめてみていいなあと思ったところを赤太文字にしています。

メモリタイプ

両方とも同じGDDR5となっています、今は新規格としてGDDR6が出たみたいなので1世代前のメモリタイプってことになりますが、殆どのビデオメモリはこのGDDR5だと思うのでド定番かなという感じですね。

メモリ容量

同じく4GBとなっています。4GBあればある程度のゲームはある程度の画質で出来るんじゃないでしょうか?今虹六をやったりしていますが60fpsどころか100以上で安定しているので嬉しいです。

クロック

こちらはRX570がやや遅めになっていることがわかります。数字が大きいほど処理が早くできるのでこの点についてはやや1050tiが優勢かな。

インターフェース

圧倒的にRX570のほうが優勢だと思います。1050tiは、displayport・HDMI・DVIが1つずつなのに対して、RX570は、displayport3ポート、HDMI・DVIが1ポートずつとなっています。DPとHDMI2つずつだったらもっと良かったなと思いました。

補助電源・電源容量

これがRX570の弱点です。まず、補助電源不要な1050ti(例外あり)に対してまさかのRX570は、8pinを要求してきますSAPPHIRE NITRO+という種類のRX570になると6pin+8pinを1本ずつ要求してきます。そうなんです、RADEONは電力バカ食いなんです!そもそも、使用電力が150wある時点でね、電力の推奨も450wとやや高めというか高め私は、このグラボを付けるために電源ユニットを600wにしました、電力不足で止まられると困りますからね。

発熱

思っていたよりもあっついです。これがゲームをしているときにケースを触るとアクリルになっている部分が解けるんじゃないか?というぐらい熱いです。

この機種に限る問題点…

私が最初このPowerColor AXRX 570 4GBD5-3DHD/OCを買って使っているときにびっくりしたのがセミファンレスのグラボだったんです。OCモデルなのにセミファンレス!?って最初思いました。今は、MSIのファンを制御するソフトでファンを常時回転されていますが、セミファンレスは、寿命を縮めるとかなんとか聞いたのでセミファンレスなのか調べるのも結構重要かもしれないですね。

RX570で色々ベンチマークを取ってみた

ということで、比較用に1050tiが…と言いたいところですが今回は、RX570のベンチマークを計るだけで許してください。

まずは、定番ドラゴンクエストです、設定は、フルHD・最高品質となっています。
ドラクエベンチあるあるの2万の壁RX570だと惜しいところまで来ましたね…
相当いいぞこのグラボ…

次は、CPUでは有名なCINEBENCH R15です。101.10FPSということでこれは下の方に比較もあったのですがクアドロしかなくスペースを取るなあと感じたのでSSはここのみです。

結論

RX570は、コスパもよくてある程度性能もよく最強のグラボと言いたいが、電源パフォーマンスと発熱問題をどうにかしないといけないと思った。

PC
スポンサーリンク
すおらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました