スポンサーリンク

Ryzen5 2600は、コスパ最強なの?

PC

現メイン機のCPUは、Ryzen5 2600を使ってるAMDer(一応グラフィックボードもAMD)の私ですが、
現メイン機は、ドスパラのBTOPCを改造(マザーボードとストレージ以外全変え)して今のPCになっています。


そのBTOPCに入ってたCPUがRyzen 5 2400Gという4コア8スレッドのこちらもコスパのいいグラフィック性能付きの物を使っていました。1030ほどのグラフィック性能もあるらしいですが、私はもう750tiを付けて内臓グラフィックガン無視だったのでこの際Ryzen5 2600に変えてみたのでコスパがどうなのか調べていこうと思います。

スペック詳細

コア数6
スレッド数12
クロック周波数3.4Ghz
MAXBoost3.9GHz
TDP65w
socketsocket am4
三次キャッシュ16MB
二次キャッシュ3MB

ということで、6コア/12スレッドという驚異のコア数なCPUですが、TDPも65wとコア数から考えると省電力かのかな?というところ、しかし、内臓グラフィックがないためIntelの新しく出たFシリーズと同じく他にグラフィックボードを用意する必要があります。また、クロック周波集も悪くないです、4Ghz行って欲しい感じはありますが、どうなんでしょうね。

Core i5 9400Fと比較してみた

ここで比較されるのがi5 9400Fらしいです、

コア数6
スレッド数6
クロック周波数2.9Ghz
MAXBoost4.1Ghz
TDP65w
socketLGA1151

同じく内臓グラフィックなし6コアCPUとなりますが、スレッド数が6とそのままTDPは、同じですが周波数が2.9Ghz~4.1GhzというBoostさせればRyzen5 2600より0.2Ghz上回っている。ここで私は、Intelの実験ができないため

CINEBENCH R15で比較

まず、i5 9400Fのスコアですが…私は先ほど言った通りIntelのCPUもマザーボードも何も持っていないので、色々なサイトを調べて平均的なスコアが、「マルチ:870~900」「シングル:156~165」ということでここでは、マルチ880、シングル160として考えていきたいと思います。

ということで、本命のRyzen5 2600で計ってみました。

検証PCスペック

CPURyzen 5 2600
RAMDDR4-2666 4GB×2 計16GB
coolerCPU-純正 ケース-フロント・バック1つずつ
power玄人志向 KRpw-N600w/85+
GPUpowercolor rx570-4GB

設定は、上の通りになっています。また、すべて定格しようとなっています

CINEBENCH R15の結果がこちら

1154cbという結果になりました、これは結構いいのは?以前1回測った時には、1200越え出来たので場合によっては相当使い勝手のいいCPUってことがわかりますね、ちなみにRyzen 5 2400Gの時に測ったスコアが下の方にありますが700位しか出ていませんでした。私は、マインクラフトサーバーとか開いたりするので交換して良かったなぁという感じでした。

シングルコアの場合は、i5のほうが性能が上がるらしいです。しかし、マルチで300も変わるってなるとそこまでシングルコアは気にならないかも…?

公式からOC出来るソフトもあるらしいので、OCしたらXeon X5650が越せるかもしれない?という感じですね、私は怖いので定格で使っていこうと思います、定格でもスペック十分ありますしお寿司。

最後にコスパはどうなのか?

ここまで、スペックを比べてきましたが最後にコスパはどうなのか?ということについて考えていこうと思います。

Ryzen 5 2600¥ 17,718
core i5 9400F¥ 19,960 

※amazon価格

ということで、スペック的にも考えてでもRyzenのほうがいいかもという結果になりましたがコスパについてもそうなりました、2000円ほど安くなると考えるといいですね。

ということで、今回は現メインPCのCPUになってるRyzen5 2600のコスパについて考えてみました。相当コスパはいいんじゃないか?という感じで私的にも変えてよかったなと思いました。

PC雑記
スポンサーリンク
すおらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました